2019 年 j リーグ ユニフォーム

Jリーグでは開幕当時がちょうど派手なデザインが猛威を振るっていた時代であるため、そういったデザインがサッカーのユニフォームとしてふさわしいという見方もある。開幕4連敗を喫しながらも、再開後は順調に勝ち点を重ねて上位戦線へと舞い戻ったがあと一歩でACL出場権を逃した鹿島。 シーズンを通じACL争いに加わり、終盤は鹿島との接戦の末ACLプレーオフ圏内の4位でフィニッシュしたセレッソ。 3.日本の伝統と文化を感じさせる、不規則な縦縞模様に触発されたストライプデザインでテーマを表現した。

アウェイは英プレミアリーグのトッテナム・ホットスパーのホームモデルに近いデザインがリークされていたが、正式発表時でも同様のデザインになった。 なおドット絵では仕様上、単純なストライプで表現している。以上となります。特に2015年以降のPUMAは名ユニ率が高いように思える。 スポンサーは「POLUS」が胸に、三菱重工が背上部に戻り、現在TOBを巡って揺れている「島忠」は昨季に引き続き背下部スポンサーを担当している(2019年と全く同じ)。

こちらにはクロスの透かしは入っておらず、ホーム以上にシンプルな仕上がりとなった。 ホームはクラブカラーである青と赤でストライプでまとめたシンプルな仕上がりとなった。今季もJ1唯一の緑系統クラブである湘南ベルマーレ。 ホームモデルは伝統のピンク地に、クラブの象徴である桜の花びらを胴部全体に隙間なく散りばめた。至近距離で撮影された実物を見ると立体感も感じさせてくれる。 そして今季より番号フォントの統一に伴い、それまで使用していたピンク地の文字が使えなくなったが、果たしてセレッソはどの色を採用するのか(現地点では不明)。

またソックス上部には赤を大きく表現しているのも特徴(例年は黒一色か、軽いアクセントが入る程度だった)。 アウェイはこれまで通り白で同一デザイン。 ソックスはピンクとのストライプ(ただし、今季ミラン等のテンプレートとは異なる)で、ピンクと紺のバランスもよし。 さらに今季はコロナ禍により観客動員で多額の収益を上げるビジネスモデルが破綻し、赤字転落。買えばクラブ支援にもなり、お洒落にもなれるブランドだ。

その他の興味深い詳細サッカー ユニフォーム j リーグは、当社のウェブサイト上で見つけることができます。

Similar Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です