jリーグ ユニフォーム 実店舗

帰国後の14日間は、日本政府との協議の上でJリーグが定めたガイドラインに基づき、宿泊場所と練習場・試合会場以外の外出が禁止されている。 ファン・サポーターの皆様と共に、当日の募金活動、レプリカユニフォームの売上の一部、選手支給のサイン入りユニフォームのチャリティーオークション売上(諸経費除く)を再生事業に寄附し、公開された太陽の塔内部では、銘板も掲出いただいております。

 これに伴い、公式戦ユニフォームの右側鎖骨部分に「富士通ビー・エス・シー」のロゴを掲出いたします。大分トリニータもまた地域密着型チームとして、地域の活性化・スポーツ振興に大きく貢献していることから、同チームへの支援が当社のCSR 活動のさらなる向上につながると考え、本拠地スタジアムの命名権取得に加え、今般ユニフォームスポンサーとして支援することを決定いたしました。

各店舗に割り振った数量にご予約が達した場合それぞれで予約分が完売となる場合がございます。株式会社富士通ビー・エス・シー(本社:東京都港区、代表取締役社長:小島 基)は、Jリーグクラブ加盟チーム「川崎フロンターレ」(運営:株式会社川崎フロンターレ、所在地:神奈川県川崎市、代表取締役社長:藁科 義弘、以下、川崎フロンターレ)と2018シーズンのユニフォーム鎖骨スポンサー契約を締結しました。

契約料は各クラブの設定により異なるが、最も高い胸スポンサーに次ぐ高額の契約が見込め、大幅な増収を期待できる。同箇所は選手名鑑の顔写真にも写るなど広告効果が期待でき、最も高額な胸スポンサーに次ぐ金額となる。場所はパナスタ4階バックスタンドVIPフロアとなり、共有ラウンジ:VC19(バルコニー席を含む)、個室VC11〜18(バルコニー席を含む)、机や椅子、電源、スタジアムWi-Fiの利用が可能となる。

『パナスタワーク』は、Jリーグなどイベント利用のない日に限り、スタジアムを個人で気軽にご利用いただけるサービスとなっており、テレワークスペースとして、スタジアムのバックスタンド4階の室内VIPラウンジやルーム(個室)を提供。個室の利用は1部屋1時間500円となっている。利用時間は10時から17時とのことだ。利用料金は1日1000円。利用者は1日先着20名で、前日までにパナスタのホームページで申し込む必要がある。利用可能日は7月12日(月)以降で、パナスタがホームページにて定めた利用日(基本的にリーグなどイベント利用のない日)となる。

j リーグ 新 ユニフォームについての他のすべては、当社のウェブサイト上で見つけることができます。

Similar Posts