jリーグ ユニフォーム送る プロジェクト 日本サッカー協会

溝口氏は「愛犬にはじめて購入したレインコートがウォームハートさんのもので、非常にクオリティが優れていましたし、何か一緒にしたいという気持ちが強かったんです」と教えてくれました。 「私は川崎市の溝の口に住んでいるですが、近所の愛犬家の方々のウォームハートさんシェア率が非常に高かったんです。 さらに、川崎フロンターレでは初めてのドッグアイテム発売ということで、注目度も非常に高い商品になっています。

Fabric Texture川崎フロンターレサポの愛犬家のみなさん、是非この機会をお見逃しなく! 「今回のことをきっかけに、ぜひShi-Baの読者の皆さんにも、川崎フロンターレを知っていただき、応援していただきたい」と、Shi-Ba編集部に……なんとなんと『川崎フロンターレ本年度オフィシャルユニフォーム(Lサイズ)』を1着プレゼントしていただきました!

今回は全体的に文字数が多めなので、前後半に分けています。今回ウォームハートさんがコラボをするのは、なんとJリーグチームの「川崎フロンターレ」。今後も様々なラインナップで皆様をお待ちしております。今年のユニを極力忠実に再現し、ここ数年の猛暑から夏場でも犬に出来るだけ負担を掛けない通気性に優れた素材を使用したりと、溝口氏とウォームハートさんのこだわりが随所に見えるハーネスになっています!

どうしてこんな異色コラボが実現したのか? Shi-Baや姉妹誌でおなじみのハイエンドドッグブランド・ウォームハートさんが、異色のコラボレーションをすると聞き、さっそく詳細を確認してみました!実はフロンターレサポーターでもある川崎市在住のビジネスプロデューサー・溝口浩司氏が大の愛犬家であり、「ウォームハートさんと一緒に、何か面白い企画がしたい!同時に、選手たちに向けても「皆さまの想いを胸に刻み込み、それを感じてやってくれると信じています」とエールを寄せた。

契約料や契約年数の他に、試合の冠協賛、グッズ提供、イベント開催などなど、サプライヤー決定にあたってはそれらの検証と交渉の連続なのだと思います。契約の都合上仕方がないかもしれないが、見栄えの良さやレプリカを売るときの印象の良さを考えれば、白抜きにするなどのデザインにして欲しいとは思う。

その他の興味深い詳細ユニフォーム j リーグは、当社のウェブサイト上で見つけることができます。

Similar Posts